2016年1月5日火曜日

メッキ爆釣ルアー!「豆アジバイブ 」 /室戸遠征

年末の釣り納めに私の数少ない釣友兼ソルトルアーフィッシングの師匠と高知県は室戸方面に遠征、ランガンしてきました。

師匠の狙いは、青物とヒラメ。

私は新作ルアーのテストをメインに、師匠に便乗して青物も狙ってみました。

徳島から高知(室戸岬)にかけては、とても潮通しの良いゴロタ浜や漁港、磯等が数多くあり、ポイント選びに迷います。

早朝、夜明け前から徳島某所のサーフにて青物狙い。
超べた凪、つるんとした静かな海面ですが、波打ち際にシラスが湧いています。ところどころベイトが追われる様子が見えましたが、非常に小さなトウゴロウイワシやシラスを追っているようで、小さめのメタルジグにも反応してくれませんでした。
残念ながら朝マズメのゴールデンタイムにはノーバイト・ノーフィッシュ。

地元のおじさんがミノーでメジロをキャッチしていました。それ以外はそのサーフでは目立った釣果は見られず、移動することに。


少しずつ南下しながら、漁港、ゴロタ浜、河口などをランガンしていきます。
とある河口の岩礁混じりのサーフにて、釣友が狙い通りヒラメ(50㎝)をゲット!
さすが師匠!!


こんな波打ち際の浅瀬にこのサイズのヒラメが居るもんですねー。

私には青物らしきバイトがありましたが、フッキングならずでした。

その後、高知県のとある河口に隣接する漁港。
釣り人は誰もいません。
超クリアウォーターで魚の気配は感じませんでしたが、メッキかカマスでもと思い豆アジバイブを軽くキャスト。

リトリーブ後すぐにバイトあり!
なかなか良型の何かが激しくアタックしてきます。

軽くトゥイッチしながら派手に引くとガツン!ヒットです!
水面を割って派手にジャンプ!上がってきたのはグッドサイズのメッキです。



カスミアジでしょうか。背中とヒレのブルーとイエローラインが綺麗です。




その後、メッキ爆釣。これ楽しいです!
レンジの移動が激しかったですが、20cm~30cmほどのメッキがリリースサイズも含め数分間で20匹は釣れました。



とくに反応が良かったカラーは、イエローゴールドホログラム仕様。(下の写真の左上)

ピンクは反射が弱いせいか、追って来るもののヒットせず、チタンゴールドはヒットはありましたがイエローほど反応は良くありませんでした。


この日の天候や水質、ベイトの条件等でも変わってくるとは思いますが、このイエローゴールドホロには何故か狂ったように追ってくれました。


そして、夜は地元の居酒屋で食事、室戸岬の温泉でひとっ風呂浴びて、車横付けできる漁港でのんびり夜釣りです。
何の変哲もない港内へチョイ投げ。一投目から私のロッドが曲がります。
ぎりキープサイズ40㎝のマゴチをゲット。

現地で写真撮り忘れてコレ。


その後、微小アタリはあるものの掛からず、翌朝のマズメに備えて早々に就寝(車中泊)。

そして翌朝、昨日はメッキ、ヒラメ、マゴチとお土産も十分に確保したので、本日は青物に狙いを定め、地元のお兄さんに聞いたオススメポイントへ。小さな流れ込みがあるいい感じのゴロタサーフです。

非常に浅いですが、既に沖目で激しくナブラが起こっています!
確実に捕食スイッチが入っている青物が居るはずですが、食わせることが出来ません。ベイトがかなり小さく、ルアーサイズがマッチしないようです。

その後、一面に巨ボラの群れが押し寄せ、一面ボラの絨毯。どこもかしこもボラだらけです。
産卵か何かでしょうか。
この状況で、青物にルアーを魅せて食わせることは難しいと判断し、移動です。

午後から夕マズメに期待し、一番最初に訪れた徳島のサーフへ。
まだ誰もいません。
今日は昨日と違い、水位が高く、風で海面がさざ波立っています。
ベイトっ気はなく、ナブラも見当たりません。

ジグやミノ―など色々キャスト繰り返しますが、ノーバイトです。

その時、釣友が大きく竿を曲げているじゃないですか!!
おお!!すごい引き!沖に激しく走ります!
青物確定です!

師匠はなんとベイトとのマッチングを考えてか、小型のスプーンをキャストしていました。
まさかのスプーンですww

ジグでも反応なし、ミノーでもシンペンでも反応なしで、まさかのスプーンでヒット!!シブい!!

ライトタックルのため、慎重にやり取り、約10分後に上がってきたのは体長75cm(尾叉長70cm)程のメジロ!綺麗な魚体です。



見事に狙い通りに、ヒラメと青物をキャッチした釣友。
さすが師匠です!

その後、メジロフィーバーを期待しましたが、撃沈。
私には青物のヒットはありませんでした~泣。

で、このメジロ、持ちかえって裁いたところ、大量の寄生虫に侵されていたとのことww
ブリ糸状虫という寄生虫で、内臓ではなく身に寄生するらしいです。
害は無いらしいですが、あまりにもグロく、寄生されるとひどく味も落ちるらしいので、泣く泣く処分です。
さすが師匠です!

このメジロちゃんには裁く練習台になってもらったそうです。

で、私はメッキとマゴチ、そして師匠にヒラメを頂いて帰ったのですが、なんとヒラメからアニサキスが…。
ヒラメにはアニサキスが付くと言う話を聞いたことがありましたが、まさか今回当るとは…。
寄生虫づいていますww

一応大事をとって、生食は控え、煮たり焼いたりして美味しく頂きましたー!ありがとう師匠!!

個人的には、今回の釣行、豆アジバイブでメッキを爆釣できたことが嬉しくてなりません。今後、さらに改良を重ね、この豆アジバイブを本当に良く釣れる爆釣ルアーに仕上げていきたいと思います。

 



0 件のコメント:

コメントを投稿