2015年12月25日金曜日

豆アジバイブ、カラーバリエーション他、試行錯誤中。

先日完成した豆アジバイブのプロトタイプはいい感じで泳いでくれました。
スローシンキングで、スローに引けば微波動が発生し、デッドスローに広いレンジを探れます。

そして、別カラーバージョンも完成。


本体の厚みも、少し厚めに丸くしたファットタイプと、薄くしたスリムタイプなど、色々試しています。

丸くするとどうもバランスを崩しやすく、あまりバイブレーションしません。
早く巻くとくるっと横向いてしまいます。
しかし、スローにタダ巻きで軽くトゥイッチしながら引くと、ついーっと不規則に平うちしながら泳ぎ、逆にこちらの方がリアルな感じがします。これはこれで使えそうです。

薄い方が泳ぎ姿勢は安定し、細かいブルブルと細かい波動が起きますね。

体長約5センチ、重さは約フック装着で約7.5gです。


近くの野池でキャストしてみましたが、飛び姿勢も良く、風を切ってよく飛んでくれました。


フロロコーティングされたPEライン、アーマードSの0.6号を巻いたライトタックルでかっ飛びます。

私が愛用しているライン、デュエルさんのアーマードSは、ライトゲームに最適です。

新品価格
¥1,099から
(2015/12/25 13:03時点)


通常のPEラインのようにフワフワしていなくて、適度な重み、ハリ、コシがあるので、風の抵抗を受けにくく、風を切って飛びます。
さらに、比重が1.0で、通常のPEより重く、水中ではほぼサスペンド状態なので、水馴染みが抜群によいです。
通常のPEラインは水に浮くため、スローシンキングのルアーやライトリグ使用時には扱いにくく繊細な釣りには不向きですよね。だからフロロラインを使用している人が多いと思いますが、このアーマードならPEの強度と細さはそのままに、フロロのような使用感があり、とても相性がいいと思います。

カラーが、CG(カモフラグリーン)とGY(ゴールデンイエロー)がありますが、ライトリグや繊細な釣りにはCG(カモフラグリーン)がおすすめです。
私は、ライトゲーム用に0.6号を巻いてますが、通常のPEより細くて強いです。


ただ、結束時に注意が必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。


豆アジバイブ、早く海でテストしたいな~。


0 件のコメント:

コメントを投稿