2017年1月4日水曜日

ショアからドラゴン釣れました!

あけましておめでとうございます。
最近は全然釣りに行けてなかったのですが、年末年始は嫁様の実家である広島県の西端に帰省して(もちろん釣り道具はしっかり積んで)、久々にのんびり釣りができました。


ほぼ山口県との県境なので、瀬戸内(広島・山口)への釣行はもちろん、日本海側(島根・山口)への釣行も可能なのです。

そして、大晦日の天気は快晴!気温も暖かそうな予報だったので、温暖な瀬戸内の島、周防大島へ行ってきました。
周防大島へは橋が掛かっており車で渡れるんです。

ゆーても大晦日、あまり留守にしても嫁様に怒られるので早朝から午前中いっぱいがリミット。
グーグルマップで河口に隣接する良さ気な漁港をチェックしていたので、そこで勝負することにしました。

やはり良いポイントなのか、夜明け前からぽつぽつとアングラーが覗きに来ています。
場所取りしてる人もいるくらいなので、きっと実績は多いのでしょう。

まだ夜明け前ですが、良い場所に入りたいので、早々に準備してベストポジションを確保しキャスト開始しました。

地元のアングラー達もぞろぞろと車から降りて来て皆さん気さくに挨拶してくれます。
計5~6人が堤防に立ち、全員がルアーで狙っています。不思議と餌釣りの人は全く居ませんでした。

どうやら、スズキの魚影はかなり濃いようで、いい日は青物(ブリ)やマダイも回ってくるらしく、加えてタチウオもまだ期待できるとのこと。ベイトはカタクチイワシ。かなりの量が接岸しているとのことです。


これは期待大!


正直、河口シーバスには興味ないんですが、マダイは釣りたい!
しかし、こんな河口の浅そうなポイントにマダイなんか回ってくるもんなんですかね~。

ゆーてる間に空が白み始め、青物の期待が高まります。

・・・

しかし、ナブラやボイルもなく、青物の気配は感じられません。

とりあえず、青物狙いは周りの皆さんの様子を見ることにして、自分はマダイかタチウオでも狙ってみることにしました。

よく見ると、カタクチイワシの群れがシーバスか何かに追われているのか、海中に時々ウロコが散らばっています。

これはチャンス!

自作のお粘土製スプーンジグをユラユラ・ヒラヒラと潮流に絡ませながらスローリトリーブで丁寧に探っていると・・・



ガガッ! おおお! HIT!!!!

ジジジ!!! 軽くドラグが鳴ります!!


そこまで引くわけではないですが、時々グーンと強く締め込みます。
シーバス用のライトタックルなので、いい感じに引きますが、実際はそんなに大きくなさそうな・・・?



正体はタチウオでした!



しかも結構太くね???
タチウオなら重量は大したことないかと、そのままごぼう抜きしましたが、これ、ショアから釣るタチウオにしては極太じゃねーですか???




指6本、120cm、なかなかの大物じゃないですか!
ドラゴンサイズのタチウオは初めてなのですが、いや、これ青物釣れるより嬉しいです。
こんなシャローエリアにも居るんですね~。ベイト次第なんでしょうか。

もちろん持ち帰って食したのですが、脂の乗りが半端ないです。
めちゃくちゃ旨かったです。


その後、お隣のおじちゃんが70㎝のマダイを上げテンションあがりましたが、全体的には活性は低く、時々シーバスがバイトしてくるくらいでした。



とりあえず、ドラゴン太刀魚!良い釣り納めとなりました。



0 件のコメント:

コメントを投稿