2016年9月21日水曜日

新?エックスワイヤー4&8…使用感の違いとインプレ

先日、ナチュラムさんで破格でゲットしたデュエル エックスワイヤー4 と エックスワイヤー8、さっそく使ってみました。

この破格さ加減から、何か欠陥があるのか??廃盤にでもなるのか??ちょっと心配・・・。

先ずは、エックスワイヤー4から。


とりあえず見た目はこんな感じ。




予想よりかなり硬いです。
デュエルのハードコアx4 アーマードSの間くらいの感じです。
コーティングが硬いのか、そもそも原糸の編み込み方で硬いのか分からないですが、いわゆるコーティング感は感じられずゴワッとした触感です。
これが使いこむうちにG-soulアップグレードの様にコーティングが取れてしなやかになるのか、この硬い張りのある感じを維持するのか、現時点では不明です。

原糸はウルトラPEのようです。


シマノのサハラC3000HGに巻いてみました。
少し計算をミスったのか、ライン自体が太めなのか、ちょっとキャパオーバーしてしまいました。
とりあえず、勿体ないのでこのままキャパオーバー気味で使ってみることに。

最初に重たいルアーをブン投げてラインを馴染ませましたが、やはりキャパオーバーなので仕方なく10mほどカットして捨てました。

この日は南紀の漁港でメッキ狙い

キャスト感はとても良いです。1.5号なのでメッキ狙いとしては太すぎるかもですが、軽いルアーもよく飛びました。
しかし、アーマードほどの抜けは感じられず、普通のPEラインと大差ない感じです。
硬い割に良く飛び、張りがあるので、ライントラブルには強そうです。

黄色いラインは視認性は抜群ですが、リーダーを付けるとは言え、多少は魚にプレッシャーを与えそうな気がしなくもないですよね。
どんな色だろうが、細く透明の糸でも魚には見えてるらしいですが、実際のところはわからないですね~。


そして、無事にメッキ釣れました。




自作のウッド製バイブレーション「豆アジバイブ/60mm」にて。
この日はレンジが深く、トップには反応せず。見つけるのに苦労しましたが、深めのレンジから細かくトゥイッチしながらの巻き上げやロングジャークでチェイスが得られ、活発にルアーを追ってくれました。
やはりメッキはトリッキーなアクションに好反応のようで、スイッチが入ると集団で激しくルアーを追います。
メッキは動体視力が発達しているのか、超高速でルアーを追いますが、直前で見切られることが多いですね。特にクリアウォーターだと、ただ巻きやスローなリフト&フォール等ではすぐに見切られバイトが得られません。カンパチ(シオ)なんかも性質が良く似ているように思います。





で、このラインの売りでもある、耐摩耗性についてですが、かなり強そうです。

試しに堤防の角でガリガリやってみたんですが、切ろうとしてもなかなか切れなかったです。

超耐摩耗、かなり期待できると思います。


1点、気になった点としては、キャストを続けるうちになんとなくラインが気持ち膨張しているような??軽いルアーをキャストしてたからか、スプールから浮いてるような、締まりが悪い感じなりました。
重たいルアーを遠投して巻けば、いい感じにタイトさが戻りましたが、ちょっと気になりますね。

でも、そんな状態でもエアノットが出来たりせず、トラブルはありませんでした。



まだナチュラムさんで叩き売り継続中です!



ちなみに、アマゾンでも結構安いです!
なぜか1.0号だけ819円と破格です。今だけかな??

Amazon
新品価格
¥819から
(2016/9/24 15:38時点)


※1.0号以外は、1000円超えてますのでご注意ください。



次に、エックスワイヤー8


こちらはストックで購入し、まだ実釣には使用していませんが、とりあえず開けて触ってみた感じ。



エックスワイヤー4
よりかなり柔らかくて滑らかな感じです。ハードコアx8に似ていますが、こちらの方が少し硬い感じかな?

硬すぎず柔らかすぎずで使いやすそうです。

カラーは、こちらはシルバーを購入。
シルバーは魚には見えにくく人間の目には視認性が良いカラーとして知られていますよね。実際のところはわからないですが、少なくとも部屋でみる分には黄色もシルバーも大差ない視認感です。

そして、耐摩耗に関しては、エックスワイヤー4の方が強そうです。やはり一般的にも4ブレイドの方が根ズレには強いと言われているので、エックスワイヤーも同様のようです。

引っ張り強度は断然8が勝ちです。
また、同じ1.5号でもエックスワイヤー8の方が細く締まって感じます。

こちらもまだ叩き売り継続中デス。


150mで1,324円!! これまた安い!!



そして、アマゾンでも1.0号と1.5号(150m)はかなり安いです。

Amazon
新品価格
¥1,395から
(2016/9/24 15:43時点)



※なぜか、他の号数や200m巻きになるとお値段跳ね上がりますので、ご注意ください。


単純に考えて、ロックフィッシュやヒラスズキなど比較的近距離をタイトに攻め、根ズレのリスクが高い釣りにはエックスワイヤー4ショアジギングや磯・サーフからのキャスティングゲームなど、飛距離と強度を優先する釣りにはエックスワイヤー8が適していると思われます。


以上、ご参考まで。



【追記】
-------------------------
先日、デュエルさんのホームページ覗いたら、「スーパーエックスワイヤー」ってのが10月上旬にリリースされたようです!
なるほど、あの叩き売りはこれの前触れやったわけですね。
しかし、スーパーエックスワイヤー、どの辺がスーパーになったのか気になりちょっと調べてみました。

どうやら、耐摩耗性(根ズレ耐性)が従来品(ハードコアx8等)の2.5倍!にもなったようです。
さらに、真円性が高く、飛距離、感度も大幅UP、色落ち、コーティング落ちも少ないとのことです。
実際使ってみないと分からないですが、特に根ズレ耐性がかなり気になりますね。

そして、普通のエックスワイヤーは引き続き販売されるのか?廃盤となるのか?

スーパーエックスワイヤー、ノーマルXワイヤーに比べるとなかなか高級みたいです。
(追記:スーパーエックスワイヤー4も買ってみました。


新品価格
¥3,840から
(2016/11/21 12:31時点)



新品価格
¥2,419から
(2016/11/21 12:32時点)



とりあえず、次回ライン交換時にでもスーパーの方も試してみたいと思います。






0 件のコメント:

コメントを投稿