2016年4月28日木曜日

モンベル|サワートレッカーRSは磯釣りにも使えるか・・・お試しインプレ

モンベルのサワートレッカーRS、沢登り用のシューズです。
釣りにも良さそうだなぁと以前から気になっており、とうとう購入してしまいました。


新品価格
¥13,824から
(2016/4/28 10:16時点)


底がフェルトソールタイプとゴムソールタイプ(アクアグリッパー)の2種類あり、私はゴム底アクアグリッパーのサワートレッカーRSを購入。

見た目的にもカッコよくて気に入ってるのですが、この新素材のアクアグリッパーってやつが濡れた岩場などで最高のグリップ力を発揮するらしいです。



メーカーサイトより引用

モンベルが独自に配合したコンパウンドと広い接地面積を持つソールパターンにより、水中の岩肌に対して驚異的なグリップ力を発揮します。これにより、転倒などのリスクを軽減するだけでなく、安定した蹴り出しが可能となり、快適で安全な歩行を実現します。「パドルスポーツ」のカテゴリにもアクアグリッパー®を採用したフットウエアを掲載しています。併せてご覧ください。

サワートレッカー RSのクリップ目安






これを見るとアクアグリッパーは、苔には少し弱いみたいです。
購入時にフェルトタイプの方が安いし迷いましたが、アクアグリッパーがどんなものか気になり、私が釣りをする磯等では苔は少ないので問題ないと判断しRSを購入。

この靴を履いての初めて釣行は、磯ヒラ狙いで行った中紀の地磯


履き始めの感じとしては、ちょっと見た目が特撮ヒーローっぽくなるww もうちょっと渋めの色でも良さそうだけど、使い込めばいい風合いが出そうな気がします。

で、驚いたのが軽さ。すごく軽い!
そして、少し硬めで細身。

私は足が小さく、普段は25cmの靴を履いています。モノによっては24.5㎝でちょうど良かったりするのですが、このサワートレッカー、かなりタイトな作りで、私の足でも25cmでは窮屈に感じました。

もちろん紐の締め込みで調整は出来ますが、靴下を履く前提で考えれば、1サイズ大きいものが無難かもです。

なので、私は25cmを一旦返品し、25.5cmと交換してもらいました。サイズ交換も送料も無償でしたよ。
それでも履き始めは足の先から甲にかけて少し窮屈さを感じます。
しかし、ほんの30分ほど履いて歩けば、すぐに靴が足に馴染み、窮屈感も無くなりました。
(本番前に1日慣らし履きをしておけば良いと思います。)

水の中を歩く用の濡れる前提の靴なので、防水性はありません。
その代わり水抜けがとても良く、乾きやすい、濡れても不快感の無い履き心地になっています。
裸足でも気持ち良く履けます。靴下を履くなら沢登り用の靴下やウェーディング用のネオプレーンソックスがおすすめです。

濡れる前提なので、冬の釣りには向きません。春~夏、秋口まででしょう。

で、肝心のグリップ力ですが、濡れた岩場、ゴツゴツした岩肌、サラシを被る磯等でも問題なさそうです。
特に岩肌の登り降り等ではすごい安定感で、しっかり岩肌に吸いつき安心して磯場を歩けます。

ただし、海藻が多い茂るような磯や海苔がべったり貼りついたテトラ等では厳しいかと思います。
この日も、ヒジキが大量に多い茂る岩の上に立ってみましたが、全くグリップが効きません。当然ですが・・・。
そのような場所では、フェルトタイプが無難です。


サワートレッカーのフェルトタイプはこちら
新品価格
¥10,260から
(2016/4/28 10:22時点)



結論として、このサワートレッカーRS、釣りにも問題なく使えそうです。

最初は不安で慎重に足を運びましたが、全く滑ることもなく徐々に安心感を得ました。正直、スパイク程のがっつり食い付く感じは無いですが、キュッと岩肌に吸いつく感じで、濡れた平らな岩の斜面でも全く滑りません。
とはいえ、油断すると危険なので、磯等では常に注意を払って慎重に動いた方が良いですね。


これからの時期、磯やゴロタサーフなどで活躍してくれそうです。



追記です!

この靴、とても履き心地よくて、夏はとても快適なんですが、秋~冬にかけては厳しいです。
そして、何度か履いているうちに底のアクアグリッパーのゴムが少しヘタってきたりすると、吸着力(グリップ力)が極端に落ちます。
なので、苔・海苔が生えていない磯でも、硬いツルツルの濡れた岩盤等ではグリップが効かず危険でした!

ってことで、やっぱり磯釣りにはオススメできないです。


防波堤やゴロタ浜、サーフなんかでの釣りならすごく良いと思います。





0 件のコメント:

コメントを投稿