2016年11月9日水曜日

和歌山/中紀のアオリイカ|デイヤエン(エギも)爆釣でした~。

そろそろまともなサイズに成長しているかな~?と期待して久々のイカ狙いでの釣行です。
この時期のアオリイカはお手軽ポイントで釣れるので子連れでもOK!ってことで、中紀の実績ポイントへ。

のんびりお昼前に家を出て、昼飯食って、現地到着は1330頃。
やはり気候も良い季節で土日ってこともあり、お目当ての堤防は満員御礼。
まあ、やれないことはないですが、人が多いのは苦手。子連れだし釣れなくてもいいのでのんびりしたい!

仕方なく、近くの海水浴場にちょこっと突き出た堤防へ移動。
ほぼ車横付けです。

すんごい小場所で完全砂地、浅いし小魚見当たらないし、イカなんて釣れる気がしない場所。もちろん貸し切りです。
白くてきれいな堤防でイカスミ実績も見当たりませんが、とりあえずエサの確保でサビキ開始。
(今回は、周辺でアジが釣れていると聞いたので、アジは買わず現地調達です。)

少し沖目を探ると、早々に10cm15cmのヤエンに丁度いいサイズのアジが入れ食いに!
よし、これで泳がせられるぞー。

アジの確保は息子に託し、早々に泳がせも開始。
ナイロン3号ラインを巻いた安物リールをテキトーなシーバスロッドにセットし、スナップスイベルにワームフックを付けたお粗末な仕掛けですが、堤防からならこれで十分獲れるんです。

ワームフックを使うのは、万が一大きな魚がヒットしたときにフッキングしやすいようにです。
チヌ針だとすっぽ抜けちゃうので。

ヤエン仕掛けは2本。

あとは、アタリを待ちながらエギング。
貸し切りポイントだからできることですね。

と、早々にエギで500gくらいのアオリGET!



おお!イカ居てますやん!

偏光グラスで良く見ると、底の方に大きめのイカの影!
おお!デカイの居てますやん!

沖に投げていたアジを回収し足元から泳がせてみると、底のアオリイカが一気に海面に浮上しアジに抱きつきました!

激しくドラグを鳴らし沖に走りますが、落ち着いたところで早々にヤエン投入。
待ってられずにイテマエ打線です。

難なくフッキングし、少し強引気味に寄せ、難なくGET
1キロ弱くらいです。



実は今回、タモもギャフも持ってきておらずでして、ぶっこ抜きました。
1キロ前後ならしっかり水を吐かせれば余裕でぶっこ抜けますね。

その後、ヤエンフィーバー。
2本の竿が休みなくしなり、一人で大忙し。











日が暮れ始めると、アジよりエギに好反応。








イカのサイズに合ったヤエンを使えば、高確率でフッキングしてくれます。
小物はオートリリースし、ほんの3時間ほどで、800g前後~1キロくらいまでのアオリが8杯GETできました。

ちなみに、活性が高い時間は死んだアジでもよく抱いてくれました。
死にアジを投げて底まで沈め、軽く2回程しゃくり上げてフォール、そのまま着底させてラインを張って放っておくと、イカが持っていく感じが手元によく伝わりました。

今度、冷凍アジとかスーパーの死にアジでやってみてもいいかも。

しかしこのポイント、いいです!

でも、たっぷり墨跡残してきちゃったなぁ。次は人いっぱいかもなぁ…。


0 件のコメント:

コメントを投稿