2015年11月2日月曜日

PEラインでヤエン|中紀のサーフからヤエンで釣るアオリイカ


久しぶりにアオリ狙いでの釣行です。
この時期、和歌山の中紀~南紀エリアの漁港や地磯はどこのポイントもイカ師だらけ。のんびり釣りができないし、子連れだと迷惑かけるので、我が家では昼間にサーフからアオリイカを狙います。



とある中紀のサーフ。もちろん貸し切り!浅いですが少し沖に岩礁や藻場があり、すぐ横の漁港には日中でもイカ師がぎっしり。アオリイカの濃いポイントなので、浜からも十分可能性があります。(中紀、南紀あたりの岩礁混じりの浜ならどこでも狙えますし、藻場があれば、春の大イカも狙えます。)

そして、今回は初めて、PEラインでヤエンに挑戦することにしました。

PEラインのメリットとしては、
1.より遠くへアジを投入できる。
2.感度が良いので、ヤエンの滑り具合が伝わってくる。
3.細くても強度があるため、不意の大物にも対応できる。

くらいでしょうか。
あまりメリット無いですが・・・、サーフではアジを遠投できるという点は大きいわけです。

気になる点として
1.針はPEに直結?リーダーを付ける?
2.リーダー使用の場合、結束部でヤエンが止まらないか?
3.PEライン上をヤエンがうまく滑ってくれるのか?
4.比重が軽く、アジが潜ってくれないかも?
5.サーフの駆け上がりや根にPEが擦れて切れないか?


等です。

気になる点(デメリット)の方が多いですね・・・。
ラインの比重(浮力)については、浅いサーフではメリットになります。

それから、サーフでは、低い位置からヤエンを投入するので、ヤエンをスムーズに送り込むだけの角度を取るために、長めの磯竿などを使用する方が釣りやすいです。

リールはドラグ性能の良い3000番スピニングリールに、PEラインを150mほど巻きました。

上記セットで2セット用意。

◆1つには、アーマードS 0.8号
新品価格
¥1,099から
(2016/3/30 17:08時点)

フロロコーティングされており、フロロに近い使用感で水馴染みが良く、PEの強度もあるので、より細いラインを使用できます。色落ちは殆どなくコーティングされているのでヤエンの滑りが良いです。高品質なのにとても安価でお気に入りです。
カラーは、アオリイカの場合CG(カモフラグリーン)がオススメです。


◆もう一つには、格安PEライン、放浪カモメオリジナルPEライン 0.6号
新品価格
¥3,680から
(2016/3/30 17:12時点)

海外製で太めのPEラインですが、なんと1000m巻きでこのお値段!たっぷり使えてお得です。固めで飛距離はイマイチですが、感度・強度は問題なしです。意外と表面がツルツルしてるのでヤエンには向いていると思います。日本製PEラインよりかなり太いので、2ランク程号数を落として購入して下さい。(0.6号で日本製の1号くらいです。)

リーダーには、ナイロンの3号を長めに10~20mほど。
キャスト時に引っ掛からないよう、リールのスプールに巻き込まない程度にしていても良いと思います。

イカ狙いの場合、リーダーはフロロより伸びのあるナイロンが良いように思います。特に今回は伸びの無いPEを使用するので、リーダーにはナイロンを長めにセットしました。

ただ、フロロならもっとラインを細くでき、結束部も小さくできるので、それはそれでメリットがありますね。

結束は、できるだけ結び目が小さくなるノットが良いです。
FGノットが良いと思いますが、私はオリジナルノットでやってます。

そしてフックには1/0番くらいの大き目のワームフックやマス針を使用します。
特にサーフでは、ヒラメやマゴチ、ヒラスズキ、さらに、潮通しの良いポイントで沖にうまくアジが泳げば青物もヒットします。

そんな大物に備えて大き目のフックを使用すれば、フッキング率が上がります。
チヌ針のような小さなフックだと、すっぽ抜けてばらす率が高くなります。


そんな感じで前置きが長くなりましたが、早速活きアジをセットして投入!

アーマードSを巻いた方は良く飛びます!
フロロやナイロンラインの1.5倍~2倍の飛距離がでます。

放浪カモメは・・・、全然飛びません・・・。


投入後、ドラグをゆるゆるにして、アジを沖に送り出します。

沖に根があるので、その辺りかなー?ってとこでドラグを軽く締めて放置。

5分程して早々にドラグが鳴りました!

しっかりアジを食わせてゆっくり引き寄せます。
ヤエンの入れどころが分からないので、イテマエ打線でヤエン投入。

ヤエンがPEライン上を滑り落ちますが、十分な角度が取れず海面あたりでヤエンが止まってしまいました。
重めのヤエンだと、ラインがたわみ、波打ち際で角度が下がってしまうようです。

仕方ないので竿をしっかり立てて、そのままゆっくり引き寄せます。
少しずつですがヤエンが滑り落ち、リーダー結束部は難なく通過。

そのころにはイカが波打ち際のすぐ先で浮いているのが見えます(笑)
でもまだヤエンに掛かっていません。

そして波打ち際のブレイクラインまで来てようやくヤエン到達!
意外とあっさりフッキングしました。

そのままゆっくりテンション保ちつつ、竿を横に寝かせ気味にそおーっと波に乗せて浜に引き上げます。



目の前でヤエンに掛かったので、取り込みは一瞬でした。

サーフは目線が低いので、イカから人影が見えないのか、近付いてもあまり抵抗しないようです。
もちろんヤエンが掛かれば逆噴射で抵抗しますが、波に乗せて引き寄せればタモやギャフも使わずに簡単にランディングできます。

その後はアタリ連発!
2杯目以降は、軽めのヤエンを投入し、スムーズにヤエンを送りこむことができました。




放浪カモメでもちゃんと獲れましたよ。

午後3時から開始して夕マズメまで2時間程ですが、500g~800gのアオリがコンスタントに釣れ、PEでサーフヤエンは大成功となりました。

結論として、ヤエンにPE使えます!!
アーマードSなど、フロロコーティングされているものが使いやすく、1号以下の細いラインがベストです。
一度使うと、もうフロロやナイロンには戻れませんよ。 

今はこんなヤエン専用のPEラインも出ています。

新品価格
¥2,800から
(2016/3/31 18:50時点)
 
少し高いですが、不安な人はこっちの方が安心確実かと思います。


リーダーは3号前後のナイロンで、結束はできるだけ小さく綺麗にヤエンはサーフの場合、軽めのものがスムーズに滑り落ちて良いと思います。

オススメは、このヤマシタのアオリヤエンが、安価で実績が多く安全パイかと思います。サイズは、秋イカならM、春イカならLかLLです。

新品価格
¥734から
(2016/4/1 15:07時点)


和歌山の釣太郎さんではこれが一番売れており実績も高く、オススメされていますよ。





0 件のコメント:

コメントを投稿